PART 2
酷使されたカラダを
回復させる方法について

車が衝突するほどのタックルなど激しくぶつかり合うラグビーにケガはつきもの。さらに、長時間全力で戦い、連戦を続けるカラダは疲労の蓄積も相当なものに。そんな過酷な状況下で、選手たちはどのように疲れを回復させているのでしょうか。ここでは、酷使されたカラダを回復させる「リカバリー法」について伺いました。


現役トップリーガーに直撃インタビュー!

  • タックルなど相手と激しくコンタクトしながら1試合6~7km走るバックスの村田選手。試合後半には決まって足がつり、痙攣する足をごまかしながら気合いでプレーすることも。そんな村田選手のリカバリー法とは?

    インタビュー記事はこちら! 選手プロフィール
  • フランカーというポジションで外国人選手たちとパワフルにぶつかり合う小澤選手。多くの選手が痛みを抱えてプレーするなか、自身も大きなケガを経験しリカバリーの大切さを痛感したと語る小澤選手のリカバリー法とは?

    インタビュー記事はこちら! 選手プロフィール
  • 持ち味のスピードを活かしグラウンドを疾走するバックスの塚本選手。試合よりも普段の練習のほうがキツいと語る過酷さは、延々と走り続けるトレーニングに手がしびれてくることも。そんな塚本選手のリカバリー法とは?

    インタビュー記事はこちら! 選手プロフィール


サンゴリアスの選手を支える管理栄養士にインタビュー!

  • 管理栄養士

    ホームグラウンドでの練習時はもちろん、試合のときには遠征先まで同行して、選手たちを栄養面からサポートする管理栄養士の金剛地さん。
    特に試合後はカラダの中の水分やミネラル、エネルギー源などが著しく失われているため、時間を空けずに栄養補給することが大切と語る金剛地さんに、選手たちのリカバリー法について伺いました。

    インタビュー記事はこちら!

PART 1
強靭な
カラダづくりを支える
栄養管理

ときに激しいタックルをくらって地面に倒され、ときに俊敏な動きで相手選手をかわして疾走し、トライを決める。強さとスピードを備えたラガーマンの強靭なカラダはいったいどうやってつくられ、維持されているのでしょうか。ここでは、カラダづくりにおいて重要な「栄養管理」について聞いてみました。


現役トップリーガーに直撃インタビュー!

  • タックルを得意とするバックスの村田選手は、熱いハートでチームを引っ張る頼れるリーダー。外国人選手枠が増えフィジカルのレベルが上がってきているなか、タックルで当たり負けしないようにさらなるパワーアップに挑戦中。

    インタビュー記事はこちら! 選手プロフィール
  • 鍛え上げた体格を生かし、コンタクトが多いフランカーというポジションで外国人選手たちと互角に渡り合う小澤選手。当たりの強さと走力をバランスよく高めるために、栄養面では量と質の両方を意識したカラダづくりを実践中。

    インタビュー記事はこちら! 選手プロフィール
  • バックスのなかでも持ち味のスピードを生かしグラウンドを疾走する塚本選手。痩せやすい体質のため、こまめにエネルギー補給が必須。食べることもトレーニングと徹底した栄養管理で自慢の走力に磨きをかける。

    インタビュー記事はこちら! 選手プロフィール


サンゴリアスの選手を支える管理栄養士にインタビュー!

  • 管理栄養士

    楽しく美味しくをモットーに、工夫をこらした栄養管理で選手たちをサポートする管理栄養士の金剛地さん。
    一概にカラダづくりと言っても、それぞれ体質も違うため、一人ひとりに合わせた取り組みが必要と言う金剛地さんに選手たちの栄養管理について伺いました。

    インタビュー記事はこちら!